スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

色々な思いに心揺れ 

2016/04/23
Sat. 21:18

                       アンニョン
             20160420f1.jpg
                水曜日またまた出張先から送ってくれた風景 心和みます。
                


              20160423f1.jpg

                 ピンクの牡丹も終わり白の牡丹が咲き始めました。
            
               20160423f2.jpg

                ツツジやタンポポもお互いに競演しているかのように咲いています。

               今日は、ツ○ヤさんでフリーペーパーも頂きました。

               20160423b1.jpg

              20160423b2.jpg
              いつも置いてあるフリーぺーパーの方にも紹介及びインタビュー記事がありましたね。

              先日のお芝居のお話折りたたみます。

                  
              20160417ss1.jpg

               17日に新宿まで鴻上尚史氏昨・演出の舞台「イントレランスの祭」を観劇に行きました。
               大阪は、明日まで また凱旋公演もあるので詳細には、語れませんが少しだけ

               「イントラスとは、不寛容ということ。
               たとえば、青い惑星に逃げ込んだ宇宙人の喜びと哀しみを想像してみる。
               地球人に憧れる宇宙人と宇宙人を愛した地球人の日常と冒険を創造してみる。」
               とまずパンフに書いてあります。

               鴻上さん率いる第三舞台のお芝居は、10年以上前に何度か観ましたが
               今回誘っていただき久々でしたが始まりから一気にタイムスリップし
               舞台の感触が甦ってきます。
              
              物語の舞台は、地球に宇宙人が難民として逃げてきますが
              それぞれの国に割り当てられますが日本にも割り当てられます。
              宇宙難民は、地球人をコピーし生活し溶け込もうとします。
              そしてある売れないアーテストと宇宙人の恋愛を軸に物語は、進行します。
              テーマは、民族差別やインターネットの問題などを浮き彫りにしながら
              ともすれば重苦しくなりがちな問題を楽しく軽やかにエネルギッシュに
              演じてくれます。
              主演の若い2人(風間俊介 岡本玲)や脇を固める実力派俳優さんたちの
              セリフの応酬 乱闘シーンアクションシーンどれも見どころ満載
              
              TVで見せる顔とは、また違った印象を感じエネルギッシュな舞台で
              楽しく元気勇気をもらったように感じました。
              ありがとうございました。
              
              差別問題は、本来重いテーマで時々現実との交差にハッとする場面もありましたが
              入場時配布された中にあった鴻上さんの手書きのごあいさつにもジーンときます。
              中の一文だけお借りします。
              「今は、インターネットは、人間が分かりあえないということを見事に分からせてくれる
              ツールだと言えるでしょう。こんなにも自分と違うんだ、こんにも誤解するんだ、
              ということをインターネットは、鮮やかに「見える化」してくれたので。」
             

              
              
              舞台とは 少し話がずれますが映画新宿は、昨日まででしたがさすがにもう無理とは
              思っていたものの何とか行けたらなど考えていたり来週には、DVDも発売なんて
              考えていた矢先襲ったゾッとするニュース、今となっては、デマでしたが。
              一報を知った時も何かの間違いとは、思いましたがあまりにスキャンダラスな内容で
              どうしてこんなことに巻き込まれることになったのかとただただ心揺れ
              今後今回の事が仕事などに影響でないように事務所にも切にお願いしたいところです。
   


             




              

     
               
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atiin005006.blog85.fc2.com/tb.php/1286-c75814fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。