スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

                        アンニョン

            昨日は、冬至 今年は、日曜日に家族がそろったので日曜日に
            ゆず湯にし かぼちゃも食べました。
            今日も一足早いクリスマスをD様とお祝いしました。
            20151223cd1.jpg

            20151223cd2.jpg

            旅行記続きます。
            昌慶宮から昌徳宮に行こうか秋まで歩こうか迷っていたら
            深々とした寒さが身体に応えてきますが鐘路三街駅の標識が見えはじたので
            駅まで歩くことにしましたが歩いても歩いても辿り着けず苛立ち始めたとき
            ようやく駅が見えエスカレーターもあったので迷わずエスカレーターを使いました。
            景福宮の駅を降り2番出口から出ます。

          201511271223s1.jpg
           そうしましたら何とも言えない昭和の街並みのような下町の雰囲気
           12時を過ぎてお腹も空いているはずがこの時すでに調子が悪かったのか
           あまり空腹感は、ありませんでした。
           タイトルの대오서점は、キム・ナムギル主演の韓国ドラマ「鮫」の中での重要な
           鍵を握る場所なので一度行ってみたい衝動に駆られまずは、めざします。

           途中cafeで一休み

          201511271223s2.jpg

           201511271223s3.jpg

               201511271223s4.jpg

           201511271223s5.jpg
           カフェラテとクッキーを一枚(ケーキもありましたがどうも食べれる状況ではなかったですね)
           ここで韓国語で「デオ書店は、どこですか?」と聞いてみます。
           「왼쪽」この単語だけ聞き取れたのでお店を出て左側に行くとありました。

             このcafeに愛読書のこの本がありなんとなく嬉しかったですね。
            20151223ssb1.jpg
              もう少し韓国語が話せればこの本の事聞いてみたかったのですが残念

          201511271223ds1.jpg

          201511271223ds2.jpg

          201511271223ds3.jpg

         201511271223ds4.jpg

           201511271223ds5.jpg
               最近は、鮫よりもIUのアルバムジャケットなどで有名のようです。
               誰もいないようなので写真だけ撮り後にします。
               ここは、「60年間ここで運営している古い書店で主人のおじいさんとおばあさんの
               名前の一文字それぞれ取って「デオ書店」という名前にしたようです。

     201511271223ds6.jpg
            先ほどのcafeまで戻り少し散策
    201511271223s6.jpg


    201511271223ds7.jpg
              なんて思っていたらまた迷ったようです。
             歩ているうちに市場らしきものを見つけ

            201511271223s8.jpg


                通仁市場のようです。

            201511271223s7.jpg
      
             201511271223s9.jpg
              12時をとうに過ぎているのでお腹空いているはずなのに
              市場の美味しそうなお惣菜もにおいだけで気分が悪くなり
              この時すでに体調が悪かったようでした。
              中学生らしき男の子たちがお弁当を持ちおかずを選んでいます。
      
     201511271223ds8.jpg
        ようやく通りに出たのでマウルバスで帰ろうと横断歩道を渡ってしまいますが
        逆方向でしたがせっかくなので通義洞を散策します。
          
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://atiin005006.blog85.fc2.com/tb.php/1245-d33d7174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。